読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グーフィー (Goofy)の介護日記

お袋がアルツハイマーと診断されてから

風呂

実家に戻ってからはお袋の為もあり、2日に一回のペースで風呂に入っている。当初お袋は風呂に入るのを渋っていたので、風呂桶を洗うのも、湯を張るのも自分がやってきた。

夕飯のあと今夜風呂入るぞ!と言うと、寒いから入ろうと珍しくノッてきた。その後なぜか部屋から出て行き暫らくすると、ちょっと見て欲しいんだけどと背後から声がした。何事か?と聞いてみると風呂のお湯張りの仕方がわからなくなったと言う。そんなことしてたんか?と言って風呂場に行き、この自動ってボタン押すだけだ!と教えてやる。ああそっか!?と言いながら、寒くなってきてからはお風呂に入ってないからね!などと訳の分からないことを言っていた。これが一昨日の話し。

そして今夜も風呂入れるぞと準備しようとしたら、あんたお湯の張り方知ってるの?だと。ここ2週間はずっと俺がやってただろ!むしろ操作の仕方がわからなくなったのはお袋のほうだよ、と突っ込んだが訳が分かってないようだった。