読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グーフィー (Goofy)の介護日記

お袋がアルツハイマーと診断されてから

お袋の一日

昨日の出来事を書いていこう。

朝、犬の散歩から帰ると食卓に目玉焼きが一皿残っている。2っ作ってしまったらしい。食っちゃうぞ!いいか?いいよ。ということでしばらく時間の経った目玉焼きをいただきました。手際の悪さと記憶の曖昧さで、既に作った目玉焼きを忘れて新たに作ったのだろう。

最近てんやが、てんやがと煩いので、銀行に行くついでがあったので昼は天丼を買ってきた。こんなに食べられないよと言いながらペロリと平らげた。30分後、昼ごはん食べたっけ?とお袋は正常運転だ。しかしてんやの天丼もショボくなったもんだ。あれに500円出すなら、他所行くわ。

夕方の散歩から帰るとだいたい6時過ぎ、夕飯の時間だ。台所で犬の餌を作っていると、もうご飯炊けてるかね?と言われ炊飯器を見ると、炊けるどころか電気すら入っていない。炊飯のスイッチを入れたつもりになっているのだ。夕飯はいつもより遅い時間になった。

最近は風呂に入る日をちゃんと覚えたお袋である。これはとても良いことだ。散歩に行ってる間に風呂掃除を済ませている。日にちも間違わずにやっている。昨日も掃除がすんでいた。今日お風呂やろうね!?なんて言うので、風呂の残り湯は捨てたのか?と聞くとあぁ捨てて洗っておいたと。今日は追い焚きにするから捨てなくてよかったのに、と言って怒らずにしておいた。今のお袋にしては上出来である。

こんな調子だ。炊飯器と風呂の件のあと、やらなくちゃいけないことをやらずに、やらなくていいことをやるんだよね!もうどう仕様もないわ、と言って落ち込んでいた。けれどもそれもすぐに忘れて、テレビに向かってボヤいている。今日も一日正常運転である。