読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グーフィー (Goofy)の介護日記

お袋がアルツハイマーと診断されてから

ゴミがない

木曜日の朝は資源ごみの回収日だ。燃やすごみの日ではないのに、台所のゴミがなくなっている。

お袋は何曜日だからこれを出さなくっちゃ!なんて思いつかない。外の集積所にみんなが出しているものを見て、自分の家のゴミを出す。

一応散歩に出る前に用意するときもあるが、そのゴミの日じゃないことが多い。そういうときは玄関先に出しておくのだが、今朝はそれもない。どこを探してもゴミがないのである。勿論集積所にも出してはいない。

ふとグーフィーの糞もないことに気がついた。

まぁここからは想像である。

前日がゴミの日だったので、ゴミはそんなに多く溜まってはいなかった。たぶんグーフィーの散歩に持ち出したのだろう。グーフィーの糞を拾って、ゴミ袋へ入れたのだろう。そして家まで持って帰っていないということは、どこかで捨てたに違いない。

コンビニのゴミ箱が一番怪しい。コンビニでは家庭内のゴミの持ち込みはご遠慮ください、と書いてあるだろ!そんなことやってると、そのうち怒られるぞ!

ウチはちょうど市境にあるので、隣の市が目と鼻の先にある。隣の市はウチの市とはゴミ回収日が違うので、そちらに出しているなら良いのだが…。それでも良いことではないな。

今朝は燃やすごみと一緒に、お袋がせっせと溜めている牛乳パックやら食品トレーを出してやった。溜めるのはいいが、買い物でスーパーになんか行かなくなってしまったものだから、溜まる一方でいつになってもなくならない。最近のお袋はあったものがなくなっても一切気がつかない。だから自分が勝手に捨ててしまっても怒るどころか、なくなったことすらわからないのだ。昨晩、自分が捨てた食品トレーをわざわざ拾い上げて、牛乳パックやらと一緒にしていた。そんなことしても結局同じように捨てられるのよ!環境に配慮して分別回収、リサイクルに協力してるんだよ!なんて言ってるが、能天気なもんだ。もうお袋の頭はお花畑だ。