読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グーフィー (Goofy)の介護日記

お袋がアルツハイマーと診断されてから

生活費がない

今は木曜日の午後、家の中が大変なことになっている。遡れば月曜から始まった騒動である。

月曜日、お袋がいつも買っている豆腐屋が軽四トラックでやってきた。お袋は車を止めて、家に財布を取りにいった。さてここで異常事態が発覚。財布には豆腐2丁さえも買う金が入っていない。このときはオイラがいたので、豆腐代を払って事無きを得た。

お袋は日を跨ぐとすべてがリセットされる。前に日の出来事はキレイサッパリ忘れている。

次は火曜日、この日は宅配弁当の集金日だ。オイラは仕事に出ていて、支払いがどうなったかは知らない。家に帰ってみると支払った形跡はない。なにしろ金はないはずだ。もう、あたしゃイヤだよ!なんてボヤいているが、オイラに向かってボヤいているのかは不明。

また、ここで記憶リセット。

水曜日だ。昼過ぎに仕事から戻ると、お袋が玄関でオロオロしている。どうした?と聞くと、パンを買ってくると言う。おい、その財布金入ってないぞ!と言うと、わかってる、銀行へ行ってお金も下ろしてくるんだけど…。ちょっと助けて欲しいんだけど、もう何が何だかわからないんだよ!ときた。なんだ?と聞くと、金の管理が出来ないんだと言う。手元のお金もないし、通帳もない(通帳は3カ月も前からなくなっているがな!)んじゃ明日仕事のついでに下ろしてきてやるから、キャッシュカード寄越しな、とカードを受け取った。そして1,000円渡してパンを買いに行かせた。この日の晩が大騒動だった。金がない!キャッシュカードがない!通帳がない!と喚いている。キャッシュカードはオイラが持っている。通帳は以前からないから、明日探してみろ!と言って納得させるのだが、5分後には同じことを繰り返す。本当に疲れる。4,5回はやっただろう、だが寝るとリセットだ。

今日木曜の朝、お袋の財布がないことに気付いた。そのまま仕事に出て、帰ってくると案の定財布がないと言っている。で、下ろしてきた金はそっといつものところへ忍ばせておいた。今まさにお袋は財布の大捜索をしている。探しているうちに探しているものが鍵に変わってしまったり、何を探しているのか分からなくなったりしている。更に財布がなくなったのは、オイラがこんなとこに財布を置いておくな!と怒ったからだということになっている。そんなことは言っていない。

 

あ~あ本当に疲れる。かなり端折ったが、ひとつひとつのエピソードでひとつの記事が書けるほどの遣り取りがあるのだ。

 

夕方4時、まだ財布は見つからない。諦めてグーフィーと散歩に行ってしまった。

 

追記

夜7時、やっと見つけました。いつもは食卓の上にポンッと放っておくのだが、使っていない椅子と座布団の間に挟み込んでありました。当然オイラが見つけたんだよ、良く見ると座布団が不自然に膨らんでいるなぁと…。早速、今日オイラが下ろしてきた金の中から一万円だけを財布に移していた。まるでお金がなかったことなど努々なかったかの様に。

お袋曰く、あたしゃたまにこういう訳の分からないことするんだよなぁ!

そして暫くすると、今まで何探していたんだっけか?

相変わらず財布は食卓の上に無造作に放ってある。