読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グーフィー (Goofy)の介護日記

お袋がアルツハイマーと診断されてから

息抜き

お袋の元へ戻ってきて半年が経った。お袋のボケに日々付き合ってるのは嫌になる。ちょうど仕事がポッカリ一日空いたのでお袋なんか放っておいて遊びに行くことにした。お袋が乗らなくなった自転車のカゴに道具をブチ込んで、さぁ出発。自転車を漕ぐこと20分ちょい、下見を一回しているので裏道もわかっている。で、現場着!

f:id:highwayone:20130702124016j:plain

さぁここで釣り教室の始まり。用意するもの980円くらいで売ってるなんちゃってルアーロッドとリールのセット、釣鈎、食パン。あとはハサミとタオル。必要な人はタバコとビール、おっとビール買い忘れた!!これはすべて家にあったものだ。今回一銭も使ってない。安上がりな遊びだ!釣鈎は昔やってたブラックバスのワームフックがちょうど合いそうだったので、流用。リールのドラグはちょい緩めにしたほうが、楽しめる。

では釣りを始めよう。パンの白いところは千切って川に投げておく。魚にエサがあるぞ!と思わせておくのだ。

パンを川に流している間に仕掛けを作る。リールに巻いてある糸の先に鈎を結ぶ。うん、それだけ。その鈎にパンのミミを付け川に流してやる。これをパンプカと言うらしい。川にパンをプカプカ浮かせて釣るからパンプカ。そんなんで釣れるのかって?

f:id:highwayone:20130702134828j:plain

はい、一丁あがり。鯉だ!コイだ!Carpだ!コイツを狙っていた。実はコイツを上げる前にこれより一回り大きい鯉をバラしている。近くまで寄せてきたところを、糸を掴んで強引に足元まで寄せようとして糸を切ってしまった。ちょっとマズかった。反省して二匹目はちゃんと最後まで竿で寄せてキャッチ。竿を目安に家に帰ってから測ったら、だいたい60cmだった。持って帰って食おうかなと思ったが、止めた。セシウムちゃんとか、重金属なんかが気になるもんで。なるべく魚体に触らず、川へ戻してやった。

f:id:highwayone:20130702142424j:plain

ここで12:40くらいから14:20くらいまで釣っていた。川幅はせいぜい5m。ちょうど画像の真ん中上(茶色く見えるとこ)くらいのところが土管の流れ出しになっていて、排水はないので水面まで降りられる。タモなんて持っていないので、水面まで降りられないと鯉を上げられない。水面に頭を出させ、口に親指を突っ込み、人差し指をエラの間に入れてブッコ抜き。パンは一枚しか持って来なかったので、早々に終了だ。でも、一匹でも釣れてよかったわ!帰りにコンビニで88円のビールを買って飲んだった。

糸の太さが気になっていたが、なんとか大丈夫そうだ。こんな道具でも十分だとわかったので、次からはもっとパンを持ってこよう。

夏休みに入って餓鬼がワラワラ増える前に、あと2,3回行っておきたいな!

タバコの吸殻と釣り糸の切れ端はちゃんと持ち帰ろう。