読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グーフィー (Goofy)の介護日記

お袋がアルツハイマーと診断されてから

箪笥

最近、夜寝る前にタンスの中身を引っ掻き回している。ほぼ毎晩やっている。長い時は一時間もやっている。当然、引き出しの中はメチャクチャにされている。そんなことは放っておけばよいのだが、ボケた婆さんは一味違うのである。

前の晩にメチャクチャにした引き出しを見て、

「なんかおかしい!?」

「これ誰か弄ったよ!?」

「なんか気持ち悪い!?」

「空き巣が入ったのかもしれないよ!?」

アンタが引っ掻き回しているんだろうがっ!勿論、前の晩に自分がメチャクチャにしているなんてことは覚えていないのだ。遥か昔のタンスの中の記憶しかないのだ。

そんなことをただオイラは傍観しているだけだ。何を言っても次の日にはまた同じことを繰り返すのだから………。

まだ、あんたが弄ってるね!?なんてことを言い出さないからマシだ。オイラに火の粉がかかってきたら、対応策を考えよう。

結果、何かを探し出す訳でもない、ただただ引っ掻き回すだけだ。しかし、毎晩々々同じことを繰り返してよく気が狂わねぇーな!?既に狂っているのか?