読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グーフィー (Goofy)の介護日記

お袋がアルツハイマーと診断されてから

寝惚け

昨夕はナビィの散歩から帰ってきたのが8時半である。2時間半だぜ!ナビィよ!

婆さんは相変わらず、テレビを付けっ放しで居眠りである。音量を下げ、電源を切ってナビィの餌の準備をする。それと並行して、玄関に閉じ込められたグフィーを外に出してやり水をやる。

最近、グーフィーの世話をしているとナビィがヤキモチを焼いて吠える。ナビィの声で婆さんが目を覚ますのだ。

目を覚ました婆さんは、ナビィが吠えたのかグフィーが吠えたのか聞き分けられない。

「ハイハイ、行くよ、待っててね」と言いながら、散歩モードに入る。

今夜は婆さんがトイレに入った隙に、門扉に自転車のワイヤーロックをかました。散歩に行く気満々の婆さんは門扉が開かないので怒っている。

「門を開けてくれ!?」

『なんでだ?』

「散歩に行くんだよ」

『今は夜中だ!ボケ!』

玄関の外を指さして

「夜明けだよ、ほら?」

『莫迦なこと言ってないで寝ろ!』

「まったくもう!」

何がまったくもうだ、こっちは飯を食う間もないわ。ビールだ!ビール!

医者が「もう相当ヤバいから、気を付けてね」と言うし、ケアマネージャーは「犬の散歩は止めさせないでね」と言うし、どうすりゃイイんだよ!まったくもう。