読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グーフィー (Goofy)の介護日記

お袋がアルツハイマーと診断されてから

グーフィーの糞

グーフィーは庭にかまわず糞をする。以前は夜間は玄関の中に入れていたのだが、夜中にタタキに糞をしたことがある。玄関のドアに小便を掛けることも度々あった。糞をしたあと片付けろと吠えやがる。もう婆さんにはグーフィーが吠えても聞こえない。夜中にオイラが糞の後始末をするハメになるのだ。小便をしたときは、一日中臭い。けど婆さんには分からないのだ。

糞をされて以来、グーフィーは夜も外に出しっぱなしにしている。婆さんに糞のことを話しても理解できないのだ。

今朝も庭に2か所糞が転がっていた。ゴミの日なので家庭ゴミと一緒に捨てるため時間まで放っておいた。すると婆さんが何を気になったのか庭に出て行った。さて、糞を片付けるかとオイラも玄関を出ると、糞が散らばっている。婆さんが踏んづけたのだ。そこに糞があることも、踏んだことも分からない。靴を引き摺って歩くもんだから、糞が散乱している。

思わず「この莫迦たれがぁっ!」と叫んだ。「糞が落ちてるのもわからんのかっ?」と言ったら、怒って家に入ってしまった。

その足で平気で玄関に入っていく。靴の裏を見ると両足にベットリついているではないか。送迎の車にこの靴で乗るのか?さすがにないわ。これをそぎ落とし、ブラシで水洗いするのはオイラの仕事ってか!?やかましいワッ!

朝から仕事を増やしやがって、この糞ババアがっ!