読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グーフィー (Goofy)の介護日記

お袋がアルツハイマーと診断されてから

婆さん救急搬送される

オイラは55年の人生で、初めて救急車に乗った。付添いだけど…。

さて経緯を書いていこう。まったく年末に人騒がせな婆さんだ!

いつものように今朝もなかなか起きて来ない。仕方ないので7時50分頃起こしにいった。オイラが起こすと、えらく興奮するのだ。何度か”ほら、起きろ、起きろ!”と言ってやっと起き出した。

興奮冷めやまぬまま部屋の扉を思いっ切り閉めた。バンッと音がしたが、オイラは外側にいたので、何が起こったのかわからなかった。

扉を開け覗いてみると、婆さんが頭を抱えて倒れていた。どうも扉を閉めた拍子に後ろにひっくり返ったようだ。また尻もちをついたが、今度はソファの肘掛けに頭を強打したようだ。ウチのソファは布張りだが、肘当てのところが無垢の板になっている。

自分で立てるかな?としばらく様子を見ていると、血が出てると言う。後頭部を見ると、結構な流血だ。タオルを濡らし、患部にあててやった。

しかし一向に血が止まらない。こりゃ大事だ!という訳で救急車を要請した。

病院では縫う程深くないということで、脳と首の骨をCTスキャンして止血してもらった。

家に帰ってくると、何があったんだろ?なんて言っている。挙句には「どこかを覗こうとしたら”やめろ!”と言われ突き飛ばされた」なんて言い出した。記憶障害だな!元々だけど…。

これで年末のショートステイはお流れになった。昨日までうまくいきそうだったのに…。

グーフィーは亡くなるわ、婆さんは病院送りだわで、年末が慌ただしくなった。麦酒でも飲むかっ!まだ昼前だけど…。

 

今ちょうど昼、起きた時の会話だ。

「今日は一日寝てろよっ!」

「なんで?」

「頭打ったんだから」

「怪我したのか?」

「そうだよ!だから寝てろよ」

「どうしたんだい?転んだのかい?」

「そうだ!」

これは頭打った所為じゃないな、元々だ(笑)