読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グーフィー (Goofy)の介護日記

お袋がアルツハイマーと診断されてから

元旦の悪夢

皆さん、あけましておめでとうございます。

元日は親戚の新年会が六本木ヒルズのホテルでありました。オイラは朝一で婆さんを病院へ連れていき、デイサービスに預けて、六本木へ急いだ。六本木ヒルズなんて初めて行ったわ!思ったより人出はなかった。ビュッフェスタイルのフレンチということで、飲み放題、食べ放題だ。シャンパン飲んで、肉食って、ワイン飲んで、魚食って、腹パンパンで帰ってきた。

さて元旦からオイラには初夢ならぬ、悪夢が降り注いだ。

元旦の深夜、正確には2日の午前3時にシッコの為目が覚めた。トイレに入ると正月早々やらかしてあった。紙おむつをビリビリに破いて、今世紀最大級の爆撃である。心なしか、いつもの吸水材より多目にシッコを吸っているようだ。また深夜にトイレ掃除だよ!

そして4時頃になり、そろそろ起きるか!?とウトウトしていると、婆さんがトイレに入る気配がした。

婆さんが出てから、トイレを見ると今度は小規模ながら散らかっていた。さらに水溜りが出来ている。もとい小便溜まりだ!!最近これがちょくちょくある。最初に見つけた時は、ナビィがやったのか!?と思ったが、お利口さんのナビィではなかった。莫迦の婆さんが漏らすのだ。どういう体勢で漏らすと、こんなところに水溜りが出来るのか?ってなところに出来ている。

新年から一時間に2回もトイレ掃除をやらされる羽目になった。

それに年末に頭を打ってから、なんか婆さんの様子がおかしい。突然変異で莫迦が進化したようだ。