読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グーフィー (Goofy)の介護日記

お袋がアルツハイマーと診断されてから

貸し弓と防具

リオ五輪が終わった。普段テレビは観ないが、NHKのニュースと天気予報は観る。このNHKがオリンピック一色になったのだから、嫌でも見入ってしまう。オイラは卓球女子に吸い込まれた。特に石川佳純とカットマン(キム・ ソンイ)の対戦はテレビの前から動けなかったほどに釘付けになった。競い合うっていいよな!福原・石川・伊藤に乾杯!

アーチェリーはほとんど放映されなかったな。合計で3分間くらいか?(笑)

レンジでアーチェリーの修行を始めて以来オイラはレンジの弓と矢、それに防具一式(グローブ、アームガード)を借りて射ってきた。この貸し弓がボロボロの代物なのだ。小中高校生が乱暴に扱うし、そもそも何十年も前の道具のままだ!このオンボロに毎回200+200円を払い続けてきた。

 

f:id:highwayone:20160804120752j:plain

通い始めて何回目かにアーチェリーの審判員だという御仁がオイラに話しかけてきた。「誰に教わったの?」と聞かれたが、オイラは誰にも教わったことはなかった。するとこの御仁は色々とアドバイスをしてくれた。このアドバイスのおかげで10m150点が出せたと言っても過言ではない。曰く「この弓じゃ〜ねぇ〜」である。センターショットが狂っていると言う。弓と弦と矢が一直線に揃ってないのだ。

18mの得点が上がらないのは、道具の所為だ!!もうおわかりだろう、夏休みは射てないので、この期に自前の道具を揃えることにした。その道具については次回。

 

最後に審判員からのアドバイスを覚え書きとして記しておこう。因みにオイラは右利きだ。

・左肩を落とせ

・左腕をもっと捻れ

・頭を真っ直ぐに、顎を引け

・弓は握らず、手のひらで押せ

こんな感じかな。特にアーチェリーでは利き目が重要とどこかで見た。オイラの利き目も右である。