グーフィー (Goofy)の介護日記

お袋がアルツハイマーと診断されてから

【訃報】朝丘雪路

朝丘雪路が亡くなった。82歳だ。うちの婆さんより若い。

オイラの世代だと「11PM」や「夜中のスキャット」かな?(訂正:夜中の〜ではなく夜明けの〜だった。更に朝丘雪路じゃなく由紀さおりだ!)

死因は「アルツハイマー認知症」で婆さんと同じ。


人ごとではない。ご冥福をお祈りします。

白髪と薄毛

はじめに言っておくが、オイラのことではない。ナビィの白髪と薄毛についてだ。

平成17年10月生まれのナビィも今年で13歳になる。人間に換算すると78歳だそうだ。いつのまにかオイラを抜いてしまった。人間と同じで毛が薄くなって白髪も増えた。

白髪

f:id:highwayone:20180312095012j:plain

若いころは黒い毛のところは真っ黒だった。耳なんて黒のベルベットのようだった。今ではオイラより白髪が多いのではないか。

薄毛

f:id:highwayone:20180304095659j:plain

 画像でわかるだろうか?尻尾の毛が薄くなり、肌が見えてきている。尻尾の太さも若い頃の半分くらいになっているんじゃないかな!?

ナビィのことばかりではない。オイラも来年は還暦だ!いつ死んでもおかしくないな!!

速報!とうとうきたか

昨日朝一番で婆さんに会いにいってきた。8時半に着いて「面会は9時からです」と言われ、施設のまわりをナビィを連れて散歩していた。

「元気にしてるか?」と声を掛けた。

「元気、元気、この通り」と言って腕をパタパタしていた。

ボケ老人にはなりたくないからネ

もう既に大ボケ老人なんだがな。

オイラが首からぶら下げている訪問者のネームホルダーをしきりに気にし出す。

「ふ~ん、○○苑!?老人ホーム?」

「あたしゃ老人ホームなんかに入りたくないね!ああいう所は嫌いなんだよ」

ここがアンタの嫌いな老人ホームだけどな。入所してもう3年目だ。

とここらあたりで婆さんの話しっぷりが何か変だなと気がついた。いつもと様子が違う。

ちょっと怖かったが、思い切って聞いてみた。

「オレのこと誰だかわかるか?」

耳が遠いので3回くらい聞いてやっと出てきた答えは

誰だかわからんね~

ショ~ック、とうとうここまできたか!

その後、犬の散歩のことやら、家でノンビリしてるのが一番だ!なんてことを話していた。今朝も犬の散歩に行ったのか?と聞くと

「行ったよ、1時間歩いた」

と言っていた。

だんだんわかってきたが、オイラを老人ホームの職員だと思って話しているようだ。

話すことは達者である。次は妄想を言い出すんだろうな。

プレミアムフライデー

プレミアムフライデーが実施されて一年だそうだ。役人が主導してアメリカの猿真似をしたわけだが、仕事を切り上げて早帰りできるのは一割ほどだという。そんなことまだやってたんだ!?感しかない。

一方民間企業が仕掛けたプレミアムフライデーはお詫びが出るほどの反響である。そうソフトバンクプレミアムフライデーだ。今月は毎週金曜に吉野家の牛丼がタダだった。オイラもSBユーザーなので4回ともご馳走になりました。なお学割ユーザーは2杯もらえます。

日本各地で大渋滞を引き起こし路線バスが動けなくなったり、駅ナカ吉野家では行列で改札を塞いで駅員が整理に出たりとニュースでも報道される事態になりました。挙句には吉野家が謝罪文をWEB上に発表したりした。オイラの行く吉野家は大した混乱はなかったようですが、普段はいない駐車場に誘導員が出てました。

金のある企業が仕掛ければこんなもんだと言ったところだ。SBユーザー以外には全く迷惑な話なんだが。

ところでこのクーポン、朝昼晩と使えちゃうんじゃないかと思った。店員はちゃんとクーポンの発行時間まで確認しているのだろうか!?

今年の抱負

去年の11月末に駅前のイシバシ楽器の前を通った。ふと一枚のポスターが目に入った。「秋の入会キャンペーン」とある。「ヤマハ大人の音楽レッスン」だとな!ここで立ち止まり「あっ!?」と思いついた。

親友の遺品として譲り受けたギター、ただ飾っておくだけでは芸がない。いっそのことオイラがあのギターでエリッククラプトンを弾いてやれば親友の供養になるのではないか。どうせやるなら基礎からキッチリ教えてもらおう。

早速店に入りキャンペーンの説明を聞くことにした。それによるといくつかの段階を踏んでもらうということだ。まず「無料体験レッスン」を一回受けてもらう。それから次の段階へ進むらしい。無料体験レッスンは予約が必要とのことで、一週間後に予約を入れて店を後にした。

一週間経って12月に入った。この音楽レッスンのコースは客の入りによって、個別レッスンとグループレッスンに分かれる。一回のレッスン時間も個別だと30分、グループだと1時間だ。オイラはこの体験レッスンで30分間パワーコードを弾きまくらされた。G,A,G,F、四分音符タンタンタンタンッ!、G,A,G,F………。パワーコードなんて始めて聞いたわ!

無料体験レッスンが終わり、続けるかどうか店員が尋ねてきた。オイラは即効で「やるやる」と答えた。当然だ!オイラには既に目標があるのだ。

次の段階は「私の時間」といって月2回3ヶ月間の「お試しコース」だ。これも一週間後の予約を入れた。もう一人入会を考えている人がいるのだが、入会するかしないかウジウジしていてハッキリした回答を貰っていないという。このウジウジ君がやるかどうかで、個別になるかグループになるか決まる。結局蓋を開けてみたら、ウジウジ君とは連絡が取れなかったようだ。

これで3ヶ月計6回の個別レッスンが始まった。個別レッスンはお月謝もお高いのよね!

そして昨日、3回目のレッスンを受けてきたというわけだ。2月にお試しコースが終われば、最終段階の「本コース」になる。本コースは課題曲があり3ヶ月ごとにステップアップしていくというものだ。期限はない、5年以上も続けている人もいるという。何の楽器かは知らんが。

ちょっとした五十の手習いだがさてオイラの行く末はどうなるでしょうか!?うまくいけば年内には「レイラ」を弾くオイラの動画がYoutubeに上がるかもしれないぞ(笑)

レイラをフル演奏できるようになれば、親友も喜んでくれるだろう。

新年おめでとうございます

今年もボチボチやってまいりますので、よろしくお付き合いください。

年頭一発目はナビィのニューモードの紹介です。一年に一回代えているナビィの今年のスタイルをご覧ください。

 f:id:highwayone:20180105195621j:plain

ハーネスとリードを黒でシックに統一してみました。黒のハーネスにシルバーのプリントがされていますが、反射して光るのかな?と思ってましたが光りませんでした。リードは牛革のドイツ編みだそうで、まだ硬くて扱い難いです。一度湯に漬けて柔らかくしましたが、乾燥したらまた硬くなってしまいました。皮用のオイルで磨き上げようかな!?

それと年明け早々、ナビィ絡みで笑わせてくれた事件があったので報告します。

まず背景を説明しないとわからないと思うのでお付き合いください。

ナビィの散歩のときのウンコの処理ですが、ティッシュに包んでレジ袋に入れて家に持ち帰ります。家では持って帰った袋を、もう少し大きめのレジ袋に入れ門扉にぶら下げています。散歩のたびに持ち帰ったレジ袋を門扉のレジ袋に放り込んでいく。そして月水金の家庭ゴミの収集のときに家のゴミと一緒に捨てています。

さてこの年末年始ですが、最後の収集が29日(金)、年明けの収集開始が今日でした。なんと丸々一週間ゴミを家に置いておかなければなりません。当然ナビィのうんこが貯まる貯まる。今朝出したときは1Kgを超えていたんじゃないかというぐらいでした。

そんななか昨日の4日(木)の夕方に事件は起きました。

夕方にナビィの散歩に行こうと玄関を出ると、門扉にぶら下げた1Kgのウンコがなくなっているんです。家の周りを見渡しましたがありません。誰かが集積所に持っていったのかとも思いましたがありませんでした。仕方ないのでそのまま散歩に出掛けました。散歩も終わり家に着く前の公園を一周して路地を通り抜けようとしたら、電信柱の影にブツが置いてありました。ウチから30mくらいのところです。無事回収し、今朝ゴミ出しができた訳です。

これをオイラなりの解釈で想像を膨らましてみました。

爺さんがウチの前を通ると、門のところに何やら大きなコンビニ袋がぶら下がっている。近所の人がお裾分けを持ってきたが、留守だったので置いていったんだな!なんかイイものが入っているのかな?よし持ってっちゃえ!

そして袋小路の路地に入り、さらに電信柱の影に隠れて袋を覗くと………犬の糞

こんな想像を巡らして初笑いしました。様ぁ見ろ爺ぃ!

突然の別れ、そして永遠の別れ

クリスマスも過ぎようとし、平成29年も残すところ1週間となった。来年には年号も変わる。

今年は秋口に大変なことが起きてしまった。幼馴染でもあり、一番の親友、腐れ縁の友が亡くなったのだ。9月12日火曜日の午前10時前に息を引き取ったということだ。最後に会ってから1年半くらい経っていた。

最後の半年は寝たきりだったようだ。肝硬変を患っていた。お袋さんがオイラに連絡を取って呼んであげようかと言っても、頑なに「ヨセ」と止められたとも言っていた。弱った自分をオイラに見せたくなかったのだろう。

死因は肝炎だ。最後に酒を呑んだときは、腹水が酷かったのを覚えている。

さて、通夜はやらなかった。15日に告別式と火葬、四十九日は台風で家族だけで行ったそうだ。そして11月5日に納骨が行われた。勿論、告別式、納骨に列席させてもらった。

 火葬場で待っている間、ビールなどを飲みながらお袋さんや弟と昔話をした。小学生のときは弟とも一緒に連るんで遊んでいた仲だった。弟が「兄貴のモノなにか欲しいものありますか?」と聞いてきた。ビックリしたが、咄嗟に思いついたのがギターだった。ダメ元で言ってみると「いいですよ」と言って納骨のときに持ってきたのだ。長年奴が愛用したギターがこれだ。ハードケースだったので持って帰るのに重かった。

f:id:highwayone:20171108110822j:plain

フェルナンデスのバーニーカスタム、ストラトタイプだ。ストラトキャスターとは呼べない。フェンダーに怒られるのだ。当初フェルナンデスはフェンダーギブソンのコピーメーカーだったが、今ではソコソコ評価が高くなった。

f:id:highwayone:20171108110837j:plain

上の画像を見てクスッとなった人は年季の入ったロックファンだろう。

奴はエリッククラプトンを神と崇めていた。オイラの世代ではクラプトンとジェフベック、ジミーペイジといったところか!?

クラプトンはコンサート中タバコを吸うことで有名だ。曲が始まると吸い差しのタバコをヘッドと弦の間に挟むのだ。演奏している間にタバコが燃えてきて、ヘッドが焦げる。

奴はそれを真似して、わざとタバコで焦げ痕をつけたのでした。

友よ大切にするからな!あばよ