グーフィー (Goofy)の介護日記

お袋がアルツハイマーと診断されてから

人生が終ったということ

先日、認知症になってまで生きていたくない、オイラには事故死の道しかないんじゃないかと書いた。

事故にしても「こんなことしたら死ぬんじゃね?」と自覚しながら行為を実行したなら、それは自殺になるのだろうか?

今のところ理想と思っているところは、行方不明である。ナビィが逝き、お袋が亡くなれば、オイラの屍を拾う者はいなくなる。息子がいるが良くも悪くもない関係だ!オイラが死んでも「死んだんだ!?」程度で済ますだろう。と思っている。尚更、他人がオイラの死体を発見するなどという迷惑をかけたくない。

そんなふうに考えると行方不明→事故死→推定死亡が丁度いいんじゃないか。

オイラは20代の頃、やたら本を読んでいた時期がある。その中でも今も頭の片隅に残っていてフッと思い出す一冊がある。

サハラに死す 上温湯隆の一生』というノンフィクションだ!サハラ砂漠を単独、無補給(補給は考えていたかもしれない)で横断することを目指した記録だ。簡単に言うと、1回目の挑戦はラクダを餓死させて失敗する。諦めずに2回目も行くのだが、ラクダが食糧、荷物もろとも逃げてしまう。1回目は飲料、食料があり近くの村まで辿り着けた。だが2回目は何もかも失ったのだ。砂漠の藻屑となったのだろう。

そしてもう一人、理想的な死を遂げた人それは植村直己だ!数々の偉業を成し遂げたが、最後は消息不明だ。多分マッキンリーのクレバスの奥底で凍りつき、誰にも発見されることなく朽ちていくのだろう。いや凍結したまま、人知れずその身を残すのかもしれない。ただ植村氏はひとつだけ過ちを犯した。女房を残してしまったことだ。

さてお二人を紹介したところで、サハラ、マッキンリーの砂漠、山ときた。オイラは川にしよう大河だ!メコンがいい。メコンがオイラの最期を見届けてくれるだろう。そして大海原に流してくれるのだ。

なぜ川かというと、もう一人影響を受けた人物がいる。野田知佑、作家、遊び人だ。野田氏については、またの機会に書こう。ちなみに野田氏はまだ生きている。

人生の後始末

7月になりオイラの今年の誕生日も過ぎていった。来年はとうとう還暦である。人生ももう残り僅かだ。今までは「どうやって生きていこう」と考えながら生きてきた。この歳になって今では「どういう風に死のう」と考えるようになった。

そんな考えになったのは、お袋を介護し、施設で生活をするようになった姿を見てきたからだ。あんな風にはなりたくない。そう強く思う。遺伝上オイラがそうなる可能性は高い。

簡単に言ってしまえば、死ぬ時、死に方は自分で決めさせろ!だ。死ぬ時期はまだ当分先だろう。しかし人間の死に方はそう多くはない。

・病死(自然死?)

自死(自殺)

・事故死

・刑死

オイラはただ死を待っているだけの老人にはなりたくないのだ。自殺なんぞする気は毛頭ない。死刑なんて真っ平御免だ。するとオイラには事故死しか道が残っていないということか!?なんて考えていたりする。実はもうちょい先まで考えているのだが、それはまたの機会に。

まぁ半分冗談として聞いてくれ!

 

さて死に向かって歩み始めようとしているオイラは、手始めにこんなことをしてみた。

f:id:highwayone:20180721080712j:plain

今まで60年近くオイラを生かしてくれた世の中に少しは恩返しをしようと考えた。

活動に賛同する方は是非!こちらまで、

www.msf.or.jp

生きたいと強く思っている人たちを救ってあげてください。

【訃報】朝丘雪路

朝丘雪路が亡くなった。82歳だ。うちの婆さんより若い。

オイラの世代だと「11PM」や「夜中のスキャット」かな?(訂正:夜中の〜ではなく夜明けの〜だった。更に朝丘雪路じゃなく由紀さおりだ!)

死因は「アルツハイマー認知症」で婆さんと同じ。


人ごとではない。ご冥福をお祈りします。

白髪と薄毛

はじめに言っておくが、オイラのことではない。ナビィの白髪と薄毛についてだ。

平成17年10月生まれのナビィも今年で13歳になる。人間に換算すると78歳だそうだ。いつのまにかオイラを抜いてしまった。人間と同じで毛が薄くなって白髪も増えた。

白髪

f:id:highwayone:20180312095012j:plain

若いころは黒い毛のところは真っ黒だった。耳なんて黒のベルベットのようだった。今ではオイラより白髪が多いのではないか。

薄毛

f:id:highwayone:20180304095659j:plain

 画像でわかるだろうか?尻尾の毛が薄くなり、肌が見えてきている。尻尾の太さも若い頃の半分くらいになっているんじゃないかな!?

ナビィのことばかりではない。オイラも来年は還暦だ!いつ死んでもおかしくないな!!

速報!とうとうきたか

昨日朝一番で婆さんに会いにいってきた。8時半に着いて「面会は9時からです」と言われ、施設のまわりをナビィを連れて散歩していた。

「元気にしてるか?」と声を掛けた。

「元気、元気、この通り」と言って腕をパタパタしていた。

ボケ老人にはなりたくないからネ

もう既に大ボケ老人なんだがな。

オイラが首からぶら下げている訪問者のネームホルダーをしきりに気にし出す。

「ふ~ん、○○苑!?老人ホーム?」

「あたしゃ老人ホームなんかに入りたくないね!ああいう所は嫌いなんだよ」

ここがアンタの嫌いな老人ホームだけどな。入所してもう3年目だ。

とここらあたりで婆さんの話しっぷりが何か変だなと気がついた。いつもと様子が違う。

ちょっと怖かったが、思い切って聞いてみた。

「オレのこと誰だかわかるか?」

耳が遠いので3回くらい聞いてやっと出てきた答えは

誰だかわからんね~

ショ~ック、とうとうここまできたか!

その後、犬の散歩のことやら、家でノンビリしてるのが一番だ!なんてことを話していた。今朝も犬の散歩に行ったのか?と聞くと

「行ったよ、1時間歩いた」

と言っていた。

だんだんわかってきたが、オイラを老人ホームの職員だと思って話しているようだ。

話すことは達者である。次は妄想を言い出すんだろうな。

プレミアムフライデー

プレミアムフライデーが実施されて一年だそうだ。役人が主導してアメリカの猿真似をしたわけだが、仕事を切り上げて早帰りできるのは一割ほどだという。そんなことまだやってたんだ!?感しかない。

一方民間企業が仕掛けたプレミアムフライデーはお詫びが出るほどの反響である。そうソフトバンクプレミアムフライデーだ。今月は毎週金曜に吉野家の牛丼がタダだった。オイラもSBユーザーなので4回ともご馳走になりました。なお学割ユーザーは2杯もらえます。

日本各地で大渋滞を引き起こし路線バスが動けなくなったり、駅ナカ吉野家では行列で改札を塞いで駅員が整理に出たりとニュースでも報道される事態になりました。挙句には吉野家が謝罪文をWEB上に発表したりした。オイラの行く吉野家は大した混乱はなかったようですが、普段はいない駐車場に誘導員が出てました。

金のある企業が仕掛ければこんなもんだと言ったところだ。SBユーザー以外には全く迷惑な話なんだが。

ところでこのクーポン、朝昼晩と使えちゃうんじゃないかと思った。店員はちゃんとクーポンの発行時間まで確認しているのだろうか!?

今年の抱負

去年の11月末に駅前のイシバシ楽器の前を通った。ふと一枚のポスターが目に入った。「秋の入会キャンペーン」とある。「ヤマハ大人の音楽レッスン」だとな!ここで立ち止まり「あっ!?」と思いついた。

親友の遺品として譲り受けたギター、ただ飾っておくだけでは芸がない。いっそのことオイラがあのギターでエリッククラプトンを弾いてやれば親友の供養になるのではないか。どうせやるなら基礎からキッチリ教えてもらおう。

早速店に入りキャンペーンの説明を聞くことにした。それによるといくつかの段階を踏んでもらうということだ。まず「無料体験レッスン」を一回受けてもらう。それから次の段階へ進むらしい。無料体験レッスンは予約が必要とのことで、一週間後に予約を入れて店を後にした。

一週間経って12月に入った。この音楽レッスンのコースは客の入りによって、個別レッスンとグループレッスンに分かれる。一回のレッスン時間も個別だと30分、グループだと1時間だ。オイラはこの体験レッスンで30分間パワーコードを弾きまくらされた。G,A,G,F、四分音符タンタンタンタンッ!、G,A,G,F………。パワーコードなんて始めて聞いたわ!

無料体験レッスンが終わり、続けるかどうか店員が尋ねてきた。オイラは即効で「やるやる」と答えた。当然だ!オイラには既に目標があるのだ。

次の段階は「私の時間」といって月2回3ヶ月間の「お試しコース」だ。これも一週間後の予約を入れた。もう一人入会を考えている人がいるのだが、入会するかしないかウジウジしていてハッキリした回答を貰っていないという。このウジウジ君がやるかどうかで、個別になるかグループになるか決まる。結局蓋を開けてみたら、ウジウジ君とは連絡が取れなかったようだ。

これで3ヶ月計6回の個別レッスンが始まった。個別レッスンはお月謝もお高いのよね!

そして昨日、3回目のレッスンを受けてきたというわけだ。2月にお試しコースが終われば、最終段階の「本コース」になる。本コースは課題曲があり3ヶ月ごとにステップアップしていくというものだ。期限はない、5年以上も続けている人もいるという。何の楽器かは知らんが。

ちょっとした五十の手習いだがさてオイラの行く末はどうなるでしょうか!?うまくいけば年内には「レイラ」を弾くオイラの動画がYoutubeに上がるかもしれないぞ(笑)

レイラをフル演奏できるようになれば、親友も喜んでくれるだろう。