読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グーフィー (Goofy)の介護日記

お袋がアルツハイマーと診断されてから

突然なった…のか?

今日はデイサービスは休みだった。一日中「衣替え」をしていたようだ。この衣替えが酷い。ここ一ヶ月は毎日朝晩やっている。

何をするかと言うと、箪笥や押入れを引っ掻き回すのだ。昨晩「何やってるんだろ?」と襖に隠れて観察してみた。

箪笥の引き出しを開け、何が入っているのか確かめる。右側には何が入ってる、左側には何が入ってる、と確かめているのだ。右から左に変わると、さっき確認した洋服をまた広げて確かめる。また右側に移るとさっき確認した洋服を広げてみる。そんな繰り返しだ。

たまに気になる洋服を取り出して、畳の上に置く。しばらくすると「これは何だ?」というように手に取り、また箪笥に仕舞ってしまう。キリがない。

こんなことを何かに取り憑かれたように、1時間でも2時間でもやっている。

最近は言動や行動もおかしくなってきた。なんとなく顔つきも変わってきたように思う。

さて、デイサービスのない日の夕方の散歩から婆さんが帰ってきて一言。

「なんか突然認知症なっちゃったよ」

何を今さら言ってるのか、2年も前から認知症だわ!

「家に帰るのにどこを曲がったらいいのか、わかんなくなっちゃった」

わからなくなったことを報告できるうちは、まだ安心か?それとも本当に家がわからなくなる前兆か?

そろそろ今夜も「衣替え」が始まりそうだ。