読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グーフィー (Goofy)の介護日記

お袋がアルツハイマーと診断されてから

放置違反金

例の駐車違反の件だが、爺さんたちが活躍し始めたのは平成18年6月1日かららしい。さらに色々調べてみた。

> 駐車違反摘発後の処置に二通りあって、どちらかを選択出来る??事になりました。

> A.運転者本人が警察に出頭して放置駐車違反による青切符違反点数2点反則金納付書をもらい反則金を払う。

こちらを選ぶと免許更新時には違反者講習を受ける事になり、ゴールド免許も3年免許となってしまうことも!また、その上に累積点数が6点以上になって行政処分を受けてしまう!事にもなりかねませんよ!

> B.運転者は警察に出頭せず、後日送られてくる放置違反金納付命令(反則金と同額+手数料800円)で違反金を納めて、青切符違反点数の免除?を受ける。

違反点数の付加が無いから、免許の更新は無違反の人と同じ扱いになります。

なんだこの理不尽な扱いの違いは?意味分からん!800円で違反点数免除!?

参考:交通違反の罰金、反則金、放置違反金の違いって!赤切符、青切符ってどう違う!

もうひとつ豆知識。

> 60分のパーキングメータは59分まで300円を支払わなくても駐車できる。意図的に59分まで料金未納でクルマを止めても、我々には取り締まる権限がない(警視庁放置駐車対策センター)

駐車料金払わないで車から離れても、59分までは爺さんたちも手が出せないらしい(笑)